くらのえみこの活動報告

武蔵野市学童クラブ連絡協議会 第42回定期総会

最終更新: 2018年8月3日

武蔵野市学童クラブ連絡協議会の定期総会に来賓出席させていただきました。

昭和38年(1963年)に、青少協ボランティアからスタートした本市の学童クラブは55年の歴史があります。













暗黒の時代!?のしわ寄せを挽回すべく、武蔵野市も学童クラブ体制の整備が加速しています。

平成27年に悲願の延長保育(18:0⇒19:00まで)が実現し、

昨年度は土曜日・長期休暇期の開所時間延長、

本年度は障害をもった児童の受け入れ上限を4年生⇒5年生に拡大(こちらに関しては6年生までの拡大を予算委員会で要望)となりました。

参加保護者からは、

・保育園が増えた分、学童児童数も増加する。詰め込みにならないか?

(特に桜堤地域の児童増加は顕著であり、60名前後の学童がほとんどの中、桜野小学童は本年度172名とのこと)

・休日のお弁当を業者さんに委託をスタートした。子どもが好むお弁当について他地区の学童メンバーと意見交換したい。

・他自治体の学童を知ることで、武蔵野市の学童について知り、よりよい環境につながるのではないか。

などなど、積極的なご意見が出、保護者の皆様の意識の高さを改めて実感いたしました。

共にクラブの向上に向けて、市議会でも意見をしていきたいと思っております。

皆様、一年間、よろしくお願いいたします。




#武蔵野市学童クラブ連絡協議会