プロフィール

くらの えみこ(蔵野 恵美子)

東京都出身

昭和48年5月15日生まれ(丑年・おうし座・A型)

青山学院女子短期大学卒業
立教大学経済学部経済学科卒業(3年次編入)

(株)損害保険ジャパン、シティバンク銀行(株)金融業界に約10年間勤務
衆議院議員秘書(議員会館勤務)

2011年4月 武蔵野市議会議員一期目当選 
●2011年5月~2012年6月 文教委員会・青少年問題協議会・奨学金審議会
●2012年6月~2013年6月 建設委員会副委員長・青少年問題協議会
●2013年6月~2014年6月 厚生委員会・ 農業委員会・市民社会福祉協議会評議員 
●2014年6月~ 2015年4月 厚生委員会・ 農業委員会・議会広報委員会委員長


2015年4月 武蔵野市議会議員二期目当選
●2015年5月~ 厚生委員会委員長 議会広報委員会 自転車等駐車対策協議会
●2016年6月~ 総務委員会・公共施設等総合管理計画策定に関する特別委員会
●2017年6月~ 建設委員会 自転車等駐車対策協議会
●2018年6月~ 文教委員会副委員長 自転車等駐車対策協議会 

 

好きな言葉 真実、知識は最高の財産である

趣 味 テニス、ヨガ、観劇( 劇団四季・宝塚歌劇団大好きです)

好きな本 松本清張の小説、スラムダンク(漫画)

心がけている事 本質を考える、思い込みを捨てる、健康

私の想い ~政治の原点、これまでとこれから想い~

~市議会議員を志すまで~

 

大学卒業後は金融系企業で約10年間勤務、直近の外資系金融に勤めていた2007年、出産で一旦休職しました。

出産後1年がたち、復帰しようと思った頃、2008年のリーマンショック。

復帰どころか現役で働いている社員の方々も大変な事態になっていることを知り、復帰を見送ることに。

 

その直後、2009年民主党政権が誕生し、新人の国会議員が多数当選され、衆議院議員秘書を経験することになりました。

 

初めての子育てと、社会復帰をする中で、保育園に入所することがこんなに大変なのかと、身をもって知ることになりました。

認可保育園はもちろん無理、認証保育園も待機50番台、市内だけでなく、近隣自治体の認可・認証保育園を当たっても同じような状況でした。

最終的にはスポーツクラブに併設されている一時預り中心の託児所に毎日8時間お世話になり、送迎を義父母にお願いすることでなんとか復職をスタート。

復職はしたものの、高額な保育料、義父母など周囲の負担・・・こんな状況は長くは続けられない、認可保育園は無理でも、なんとか認証保育所の順番が回ってくることを祈りながらの日々でした。

 

この時期、多くの負担をしなければ、または、負担に耐えられる環境にいなければ、出産後仕事を続けることは難しいという現実を初めて実感したのでした。

同時に世間では「夫婦共働き」「女性の活躍」と簡単にいっているけれど、「何かおかしくない?」という思いを抱くようになりました。

 

 一方で、秘書として議員会館に勤務となり、たくさんの方々が国・行政のあり方に疑問を持ち、悩み、苦しみ、声を上げ、そして行動するという姿を目の当たりにしたのです。ここでも初めての衝撃を受けることになりました。

 

育児をしながらの社会復帰、保育園難民、様々な立場の国民の声・・・ほぼ同時期に初めての衝撃を受け、生きていくことの本当の大変さ、難しさの壁を実感することになりました。この時期に、私の中に消えることのない灯がともることになったのだと思っています。

~市議会議員初当選から今日まで、そしてこれからの想い~

 

そうした経緯の中で、行政の取り組みや、政治と暮らしの関わりについて関心をもつようになり、2011年4月、1期目の当選をさせていただきました。

 

初当選時、娘は3歳、30代最年少、まさに無我夢中の4年間でありましたが、自身の経験から感じた「おかしい」を率直に質問して参りました。

世間でのニーズの高まりもあり、保育園定員の飛躍的な拡大が進みました。その他、学童保育の時間延長、認可・認証保育園の保育料格差の是正など、保育行政に出遅れていた武蔵野市政に一石を投じることができたと思っております。

 

2015年4月、2期目の当選をさせていただきました。

子育て支援に加え、介護離職、育児と介護を担うダブルケア、子供の貧困問題や居場所、動物の福祉や共生など、新たな課題にも取り組んでおります。

 

2017年に立憲民主党が誕生。民進党を離党し、立憲民主党に入党致しました。

格差是正、原発に頼らない社会、多様性を力にしていく方向性がより鮮明になり、政治姿勢も明確に示すことになったと思っております。

 

市議8年目、40代、責任世代となりました。

子ども達の権利が十分に守られ、若者が未来に希望を持てる、環境に関わらず働く世代が活躍できる、高齢者がもっと長生きしたいと思える、誰もが安心して暮らし続けられる社会に向けて、初心を忘れることなく、これからも足元の地域から取り組んで参る所存です。